坂戸陣屋/嶋田氏陣屋 
坂戸陣屋:嶋田氏3000石  埼玉県坂戸市には陣屋は無かったのでは?  坂戸陣屋探訪
 嶋田氏菩提寺の永源寺
北町奉行嶋田忠政の五男で旗本・嶋田利直が財力・権力にモノをいわせる仙台藩主・伊達綱宗と奪い合って口説き落とした吉原三浦屋の名妓・二代目高尾太夫の物語は有名な話です。伊達家の手を逃れて二人は坂戸に来た。 高尾太夫は萬治3年に亡くなった。
利直は高尾亡き後、仏門に入り僧・道哲と名乗り、晩年まで高尾太夫の菩提を弔ったそうです。永源寺に墓もある。
 嶋田氏は、徳川家康に関ケ原の戦いに随身、大阪の陣で秀忠に随身した嶋田重次が5000石を賜ったが次男の成重が三河に2000石(嶋田陣屋)を構えたので、本家は3000石が定説である。本家は5男、利正の系統が継承した。
この嶋田氏は名門で、歴代、江戸北町奉行・大阪西町奉行・堺奉行・普請奉行等を務めた。
   
 工事中  
   
 Back