桜町陣屋
 桜町陣屋:栃木県二宮町物井字桜町  宇津家4000石 (小田原藩分家)  桜町陣屋探訪: 2009.05
元禄11年(1698)、幕臣宇津教信(小田原藩主大久保忠朝の三男)が芳賀郡下に4千石を分地され桜町に陣屋を構築した。。
宇津家の桜町領は、当初は4000石余、戸数433戸だったが、二宮尊徳が小田原藩主の要請で桜町に行った時(1823年)は、1000石余、戸数156戸と村は荒廃を極めていた。これを復興させ、以後26年間にわたりここに住み、600余りの幕府・藩の天領や村々の復興に尽くした。桜町陣屋の領主、宇津家の菩提寺は東京世田谷区教学院。 
桜町陣屋横にある二宮神社
桜町陣屋跡の碑
          桜町陣屋の領主、宇津氏菩提寺の教学院
Back