佐久山陣屋/福原氏陣屋:栃木県大田原市佐久山  交代寄合福原家3500石           佐久山陣屋/福原氏陣屋探訪:20009.02
@元禄15年(1702)、佐久山陣屋は中世時代の佐久山城跡の2の丸に構築された。佐久山陣屋領主、福原家菩提寺の実相院
A佐久山城は、文治元年(1187)那須泰隆が築城し、佐久山次郎泰隆と称した。永禄6年(1563)、佐久山義隆は、同族の福原資孝(大田原備前守資清の次子資則)に滅ぼされ、佐久山城は廃城となる。元禄15年(1702)には福原資倍が佐久山城の2の丸跡に陣屋を構築した。以降明治2年(1869年)まで福原氏が居住した。土塁、空壕がよく残る。
          佐久山城址 /佐久山陣屋  
 佐久山城本丸跡 江戸時代の佐久山陣屋跡:佐久山城2の丸跡(佐久山小学校) 
            実相院山門:元禄時代に領主夫人が寄進              佐久山陣屋の領主、福原家墓所:歴代の領主・家族が埋葬  
<一国一城以外の城
佐久山陣屋:佐久山城