関代官屋敷:久志本氏陣屋
関代官屋敷:神奈川県都都筑区勝田町 2010.04
旗本久志本氏2千石の郷代官、関家住宅
関代官屋敷 関家住宅
※久志本(くしもと)氏は家康の1590年、関東入封からここ勝田郷を賜わった。伊勢神宮の神官で医者であった久志本氏は家康親子の病気を治した功で御家人へ。その後、加増され下野国都賀郡に1150石、5代将軍綱吉の病気を治療した功により、1706年、武蔵国橘樹郡に800石加増、計2000石となった。

※関家は世襲名主であった。江戸後期からは郷代官も兼ねるようになった。
関家住宅は
書院・表門・敷地が国の重要文化財
で、現在も関氏が住んでいる。非公開。


※常倫寺:鶴見区駒岡
 1707年、常勝が父の常倫の菩提を弔う為に、墓地を整備して吉祥院を常倫寺と改め、久志本家の歴代の墓所とした。
 久志本氏陣屋
関家住宅  関代官屋敷
世襲名主の郷代官屋敷、敷地は11,548u

関代官屋敷探訪歴:2010.04

/関代官屋敷

久志本家菩提寺の常倫寺:久志本家歴代の墓所