下田奉行所(静岡) 
下田奉行所:静岡県下田市東中7番地   下田奉行所探訪:2015:02
 下田に奉行所が置かれたのは元和元年(1615年)で以後3度にわたり廃止と復活を繰り返した。 幕末の日米和親条約締結後にペリーが下田に上陸した嘉永7年(1854年)以後、再び脚光を浴びることになり、宝福寺・稲田寺に仮奉行所が設置され、安政2年(1855年)に現在の下田警察署の地に下田奉行所が設置された。奉行は伊沢政義(3250石)・都筑峯暉が任命され、総勢140名が配置された。 万延元年(1860年)に横浜開港と同時に下田奉行所は閉鎖された。下田奉行所  
下田奉行所跡に建つ警察署  下田奉行所の碑
 ペリー艦隊上陸の地に建つペリー提督の胸像  アメリカ合衆国の日本初の領事館が置かれた玉泉寺
Back