下新倉代官屋敷:酒井氏陣屋
下新倉代官屋敷(酒井氏陣屋):埼玉県和光市中央2丁目4  酒井家7000石   (若狭小浜藩分家)  下新倉代官屋敷(酒井氏陣屋)2010.02
下新倉代官屋敷(柳下家)は下新倉村の名主で、領主であった酒井氏より代々郷代官を任されていた。
酒井忠吉が寛永4年(1627年)武蔵国川越内に3000石を兄の忠勝(後に大老)から分地を受けた。寛永10年(1633年)上総他に4000石の加増を賜り、7000石の大身旗本となった。
旧川越街道に面して建っている柳下家の長屋門はモダンな門に改修。また母屋もトタン葺になっている
   
初代の酒井忠吉の菩提寺、曹源寺:台東区松が谷 (墓所は施錠されている)                         2011.2参詣