新宮陣屋/池田家3千石
新宮陣屋:旗本池田家3000石/岡山藩分家 :兵庫県たつの市新宮町新宮1060-26 新宮陣屋探訪歴:2013.06 
寛永3年(1626)、池田重利が新宮藩1万石で移封され新宮陣屋を構築した。その後、二代重政・三代薫彰・四代邦照と続き、寛文10年(1670)、邦照の代に無嗣絶家となるが、本家の岡山藩・鳥取藩の奔走により弟の重教が3千石の新規旗本に取り立てられた。その後、池田家は明治まで旗本として存続し、12代の頼万は勘定奉行・江戸町奉行となり活躍している。梅岳寺に3代藩主、薫彰の墓と最後の領主13代頼誠の墓がある。  
            新宮陣屋跡/説明板                         新宮陣屋跡に建つ「旗本陣屋跡」円柱碑
             新宮陣屋池田家の菩提寺、梅岳寺  新宮陣屋の最後の旗本領主頼誠の墓(左)と新宮藩1万石3代藩主、薫彰の五輪塔墓(右)
Back