水原代官所
水原代官所の門
BACK
水原代官所(すいばら):新潟県阿賀野市外城町(水原ふるさと歴史資料館の隣)   水原代官所 水原代官所探訪:2008.08
慶長3年(1598)、上杉景勝の会津移封で属将の水原城主の水原氏も会津に同行して行った。廃城になった水原城跡には延享3年(1746年)に水原代官所が置かれた。水原代官所の支配高は10万石だった。
水原城址&水原代官所の碑
水原代官所の玄関
※水原代官所の詳細: 1746年(延享3年)、幕府直轄領として、水原城館跡に水原代官所が設置され、初代代官の内藤十右衛門が着任た。代官所の支配地は阿賀野市をはじめ、北蒲原各地や中蒲原・南蒲原・岩船の一部など複雑に分布し、支配高は6〜10万石に及んだ。代官所の主な機能は年貢の徴収や民政だが、福島潟の開発、及び新発田・村上藩の監視が主な目的だった。。水原代官所は以降22代まで続いた。廃絶から127年後の平成7年8月に水原代官所を復元した。