高木陣屋 / 一柳氏陣屋
高木陣屋(一柳氏陣屋):旗本一柳家5200石  :兵庫県三木市別所町高木824-24(豊城根神社)  高木陣屋探訪:2013.05/家原浅野家陣屋途次
高木陣屋の一柳家は宗家筋である。伊予西条藩3万石の一柳直興は寛文5年(1665)に改易となる。幕府は先祖の功労を斟酌し、宝永元年(1704)、一柳直増に播磨三木の地に5200石を与えた(高木陣屋)、明治まで存続。一柳家の菩提寺は東京港区の金地院。    
高木陣屋一柳家概略:寛永13年(1636)、伊勢神戸藩主一柳直盛は伊予西条藩68千石で転封したが、同年死亡したので長男直重(西条藩3万石)・次男直家(小野藩)・三男直頼(小松藩)に分けた。高木陣屋一柳家は改易となった長男筋の西条一柳家である。
高木陣屋の領主、一柳家菩提寺の金地院(東京港区)              旗本一柳家の墓(大きな五輪塔は西条藩3万石2代藩主)
         高木陣屋跡の豊城根神社への小路                         神社屋根には「丸二釘抜」の一柳家の家紋
高木陣屋の屋敷神、豊城根神社
Back