竹中氏館:竹中氏陣屋
竹中氏館/竹中氏陣屋:岐阜県垂井町:現、岩手小学校  交替寄合竹中氏5000石           竹中氏館/竹中氏陣屋探訪:平成19年3月 
竹中半兵衛重治
    ☆豊臣秀吉の戦略の将としてその名を天下にとどろかせる。
    ☆1579年(天正7年4月)兵庫県の三木城攻撃の陣中で病となり、6月36才で死亡した。 
竹中氏館  
竹中氏陣屋の領主、竹中家菩提寺の禅憧寺 竹中氏館周辺は長閑な田畑が広がる
竹中氏陣屋の祖、竹中半兵衛重治の墓        竹中氏陣屋領主の竹中氏累代の墓所
豊臣秀吉の軍師として活躍した竹中半兵衛重治は、天正7年(1579)播州三木の陣で病没したが、禅憧寺の墓は、その後、天正15年父の菩提を弔うため長男重門が三木から移葬した。現在の本堂は、半兵衛の孫、重常が寛文3年(1663)に建立した。 

(著名人子孫)