竹内陣屋:桑山氏陣屋
竹内陣屋/桑山氏陣屋:奈良県葛城市竹内   旗本桑山家2000石        竹内陣屋探訪: 2011.06高野山参詣の途次探訪
桑山氏は陣屋を竹ノ内に置き、大庄屋の小垰家が郷代官を勤めていた。小垰家は現代の家になっているが竹内街道に面している。 桑山貞寄が寛永15年(1638年)に兄の貞利(寛永13年没)旧地5500石の内、2000石を賜り、名跡を継ぎ明治を迎えた。
1858年の明細:家屋135軒・人数771人で、酒造家1・絞り油屋1・作り醤油屋1・薬種屋1・鍛冶屋1・桶屋1・大工3など多種の業種が記載されている 
竹内街道の竹内の町並は江戸の面影を濃く残している。
竹内陣屋の郷代官、小垰家の現在宅
松尾芭蕉が寓居した竹内の村の綿引塚/竹内の真ん中あたりに有る。
大和棟の民家
Back