田中陣屋:小笠原氏陣屋
田中陣屋/小笠原氏陣屋:埼玉県狭山市狭山27  小笠原家1190石            小笠原氏陣屋 田中陣屋(小笠原氏陣屋)探訪:2009.12
田中陣屋跡(江戸初期のみ)は狭山27の安隠寺跡/廃寺。    田中陣屋領主、小笠原家菩提寺の天岑寺/テンシンジ。
 1590年(家康の関東入封時)、小笠原安勝が田中村・峰村・沢村に450石の知行拝領。その後、現在の筑西市・水戸市等に加増され1190石の旗本となった。 安勝は田中村(現在の狭山市狭山27、安隠寺の境内)に陣屋を構えた(後に陣屋は廃止)。安隠寺の跡には代々の住職の墓、清水濱臣の墓がある(新編武蔵風土記稿)。
小笠原氏の江戸屋敷は番町にあり、1190石であったので年貢米は四公六民として470石での生活。 江戸城登城の隊列は:侍4人、槍持2人、挟箱者2人、馬口とり2人、草履とり1人、中間1人。小笠原氏は代々、大番組・新番組・御納戸番を勤めた。
初代安勝が建てた天岑寺の惣門は寛永初期の面影をとどめている。
 初代安勝から12代廣善までの領主・家族のお墓
田中陣屋のすぐ側にある稲荷神社と社に残る小笠原氏の家紋
田中陣屋/小笠原氏陣屋跡は住居の一角にある。