多羅尾代官所
 多羅尾光太-光好-光忠-光頭-光豊-光雄-光崇-氏純-純門-光弼で明治を迎えた。
多羅尾代官所跡は立入禁止となっている                     信楽焼でも有名⇒
多羅尾代官所:滋賀県甲賀市信楽町多羅尾(多羅尾小学校から南西に200m)  多羅尾家1500石(天領世襲代官) 多羅尾代官所探訪: 2011.04
*多羅尾家は天正10年(1582)の本能寺の変に際して堺から伊勢湾へ帰途を急いだ徳川家康の「伊賀越え」を支えた功績大の家柄。 
慶長元年(1596)多羅尾光太の時、1500石拝領。子の光好が寛永15年(1638)に代官を命じられた。そして屋敷内に「代官信楽御陣屋」を設け、天保10年(1839)の支配地と支配高は近江・伊勢・播磨で55千石であった。家臣は江戸詰9人、信楽詰22人、四日市出張陣屋詰2人。 菩提寺の大光寺 
Back
多羅尾代官所、代官多羅尾家の墓所
多羅尾家の祖、近衛家(家基・経平・師俊)墓   多羅尾代官所多羅尾家菩提寺の大光寺