多和目陣屋:稲生氏陣屋
多和目陣屋/稲生氏陣屋(イノウ):埼玉県坂戸氏多和目380   稲生家1500石   多和目陣屋/稲生氏陣屋2009.12
江戸時代初期の陣屋(中後期は名主)のため、遺構は無く、稲生氏陣屋跡は定かではない。多和目天神社の周辺の右隣か裏側。 @稲生光正が三河で500石 A1590年、家康の関東入封により、多和目に500石の替地 Bその後、加増で1500石
 菩提寺は正信庵。 江戸は、東京都杉並区和田3丁目長延寺。
  (稲生光正−正信-正倫-正盛−正房-正明-正延-正喜-正静-正興-正行-正道)
                 多和目陣屋領主、稲生氏菩提寺の長延寺:東京都杉並区 改葬、合祀墓                 2010.12参詣
境内にある天然記念物、カゴノキ 樹齢800年
領主の稲生氏が奉納した多和目神社獅子舞は無形文化財に指定されている
江戸初期の多和目陣屋は碑が無く定かではない