時枝陣屋:小笠原氏陣屋
時枝陣屋(小笠原氏陣屋):大分県宇佐市下時枝  旗本小笠原家5000石  時枝陣屋(小笠原氏陣屋)探訪:平成21年4月
時枝陣屋跡は芽豆羅(めずら)保育園。1699年小笠原長宥(ながます)が中津藩主(8万石)の兄、長胤(ながたね)から分地し7代で明治を迎えた。時枝陣屋の宗家、中津藩主家は1711年無嗣断絶したが、名跡を惜しみその当時の藩主の末弟が安志藩1万石へ移封され明治まで続いた。
※時枝陣屋の歴代の領主は江戸詰めで駿府加番、定火消、日光・浦賀・下田奉行、小姓組番頭、書院番頭、大番頭、を勤め1人として知行地の時枝に入部した者はいなかった。知行地の支配は、1799年の幕府巡検使に次のように報告している。用人6人(侍分2人、足軽4人)の簡素な陣屋の構成だった。領地の15村を2組に分け各組に大庄屋を置き、各村には庄屋が置かれてそれぞれ治めた。
時枝陣屋前の畑に咲いていた花
時枝陣屋跡の井戸
時枝陣屋の屋敷内庭
時枝陣屋の石垣(塀)
時枝陣屋跡の碑文石