土呂陣屋:初鹿野氏陣屋
土呂陣屋(初鹿野氏陣屋):埼玉県さいたま市北区土呂町1510   旗本初鹿野(はじかの)氏1200石   土呂陣屋(初鹿野氏陣屋)2010.02
土呂陣屋跡は土呂の地蔵堂周辺で陣屋の一角に初鹿野氏家老で代々の土呂町名主、新見家長屋門がある
初鹿野家は旧武田家の家臣であったが、その後、徳川家に随身。小牧長久手の戦い後に1200石。初鹿野伝右衛門がこの地に土呂陣屋を構えた。初鹿野家一門は名門として幕政で活躍した。初鹿野河内守信興/1788年から3年余、江戸北町奉行。
土呂陣屋跡の”土呂の地蔵堂”周辺(さいたま市の説明板あり)
    土呂陣屋の新見家長屋門

土呂陣屋の領主、初代・2代は万年寺(さいたま市見沼区)が菩提寺で墓がある。
4代の信只公以降は江戸の宝泉寺を菩提寺とした。

←東京中野区の宝泉寺