碓氷関所
碓氷関所:群馬県安中市松井田町横川573  碓氷関所  碓氷関所探訪:2011.10
碓氷関所は1616年、江戸幕府によって設置された。中山道は重要な交通路であったため、箱根関所とともに関東入国の関門として最も重要な関所とされた。幕府は「入鉄砲と出女」を厳しく監視した。東西に門があり、西を幕府が、東を安中藩が守っていた。番頭2名、平番3名、同心5名、中間4名、箱番4名、女改め2名が詰めていた。 関所から200mで「峠の釜めし」本舗のおぎのや。
坂元宿:中山道17番目の宿場町 (群馬県安中市松井田町坂本)。中山道有数の難所であった碓氷峠の入口にあたり、本陣と脇本陣4軒・旅籠は40軒という比較的大きな宿場町であった。本陣や脇本陣の名残はあるが宿場町の面影はうすい。   
   
 坂本宿の通り(国道18号)  坂本宿の本陣跡(明治初期の旧坂本小学校)
 
坂本宿の脇本陣2軒 
Back

宿場町へ

坂本宿
「おじぎ石」。この石に手を付き手形を差出して通行の許可を受けた。
碓氷関所の役人の陣容↓
碓氷関所の東門。柱や扉など当時の部材を使用して復元された。