屋形陣屋/池田氏陣屋
屋形陣屋/池田氏陣屋 :旗本池田家3000石(鳥取藩分家) :兵庫県神埼郡市川町屋形  屋形陣屋探訪:2013.05
福本藩1万石の池田政直は寛文5年(1665)に嗣子がなく死亡したので、池田家は無嗣絶家となった。しかし戦功の家柄の為、弟の池田政武が7千石の交代寄合(福本陣屋)、もう一人の弟池田政済が3千石の旗本として屋形陣屋を構築し明治まで続いた。10ケ村の知行所で屋形陣屋を拠点に10軒ほどの家臣と大庄屋が置かれた。人口は2千人との記録あり。この池田家は非役である「寄合」に属することが多かった。    
屋形陣屋跡から市川を臨む(背後は中世の播磨飯盛山城)。
市川大橋の屋形南信号付近の国道312号から撮った屋形陣屋
Back
☆屋形陣屋池田家の出目:姫路藩(後の鳥取藩池田家)池田輝政の四男の池田輝澄(山崎藩68千石)は、寛永17年(1640)お家騒動で改易⇒因幡国鹿野に堪忍領1万石で配流⇒寛文2年(1662)、子の池田政直が福本藩1万石の大名で転入⇒しかし寛文6年(1666)、無嗣絶家となる。弟の池田政済が旗本として認められ、旧福本藩の屋形村に屋形陣屋を構えた。