山本陣屋:近藤氏陣屋
山本陣屋/近藤氏陣屋 : 長野県飯田市山本(西林寺の横)  近藤家5000石  山本陣屋/近藤氏陣屋探訪:2009.07
山本陣屋跡は西林寺の隣地で畑と人家になっている。 1618年、重尭(幼少の為)が美濃から信濃に所替えとなった。初めは交代寄合旗本⇒孫の政徳から江戸定府となる。(近藤家は豊臣の越後福島45万石堀秀政に属していた⇒主家の栄枯盛衰で徳川期は旗本)。
本領安堵された領地も明治2年(1869)伊那県に編入させられ旗本としての生活も終わってしまった。
☆旗本近藤家の武器保有は(朝廷提出書類)次の通り。西洋小銃105(55挺は山本陣屋、50挺は江戸屋敷)、和流小銃50挺、甲冑・兵器
☆最後の山本陣屋領主、政敏24歳の苦悩: 慶応4年(1868)1月、鳥羽伏見の戦いで幕府軍敗退。
2月、徳川家から旗本にたいして「采地土着令」がだされ領地に戻り帰農するように命令が出された。政敏一行は、2月24日に山本陣屋に到着。3月26日
に京都に到着。5月15日に本領安堵の沙汰を朝廷から受けた。同時に200両献金の命令を受ける。
山本陣屋脇の西林寺 山本陣屋脇の七久里神社/裸祭り 浄玄寺の天井画