鉢形城
鉢形城本丸跡
深沢川から鉢形城を望む
鉢形城縄張り図
鉢形城:埼玉県寄居町鉢形      鉢形城探訪歴:2009.12
 鉢形城は荒川に臨んだ断崖上にあり、南側は深沢川があって自然の要害をなしていた。 1476年に長尾景春が築城した。室町時代の末期、北条氏康の三男の氏邦が鉢形城主となり、北武蔵国から上野国の小田原北城氏の拠城となった。 天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原攻めに際、前田利家・上杉景勝・本多忠勝・真田安房守の軍に攻められ、3ケ月の戦い後に鉢形城は落城した。その後は鉢形城は廃城となった。
 鉢形城は関東地方に所在する戦国時代の城郭としては比較的きれいに残された城のひとつと云われ、昭和7年、国の史跡に指定された。昭和59年からは寄居町による保存事業が開始され、現在は鉢形城公園として整備され、鉢形城歴史館が設置されている。