八戸藩:八戸城
八戸城東門/根城跡に移設、八戸藩
※一口メモ:幕末維新時の八戸藩:八戸藩は奥羽越列藩同盟に入ったが、宗藩の南部藩のように徹底抗戦しないでほどほどにつきあっただけであった。むしろ協力的でもあった。それは、八戸藩の最後の藩主、南部信順が薩摩藩島津重豪五男だったせいもあろう。八戸藩は戦後、減封はまぬがれた。
                            八戸藩南部家の江戸の菩提寺、金地院:2・4・6・7・8代の藩主や室の墓所      2011,03参詣
八戸藩南部家の南宗寺墓所
平成4年5月の八戸城址は桜満開
八戸藩、角御殿表門
八戸藩、八戸城跡は面影は余りない
八戸藩/八戸城: 陸奥(青森)八戸市 南部・盛岡分家 外様 20千石【大広間】子爵   ☆南部直房が1664年に分地受け八戸藩成立、9代204年在封
          東門(根城跡に移設)  角御殿表門   八戸藩南部家菩提寺の南宗寺、 八戸藩の江戸菩提寺は金地院  八戸藩、 
 八戸藩探訪歴:平成4年5月探訪時は桜満開で城址は花見客で酒盛/同8年夏再訪の朝は雨(東北古河電工出張帰途)/同27年5月再訪B