八王子城
北条氏照の墓
御主殿の滝:落城時に婦女子が上流で自刃、3日3晩血に染まった
虎口から八王子城御主殿跡へ:麓地区
八王子城御主殿へ渡る曳橋:麓地区
山頂の八王子城本丸跡と山頂からの眺望
有名人の墓へ>
八王子城:東京都八王子市元八王子町 八王子城担保歴:2009.09
八王子城は小田原北条氏最大の支城で氏照(小田原城の北条氏政の弟)が城主。 八王子城は天正12年(1584)から築城。 天正18年(1590)6月23日に、前田利家・上杉景勝軍に攻められ、わずか一日で八王子城は落城した(精鋭部隊は小田原城に籠城)。 
八王子城の平常の居館は麓、本丸跡は居館から40分登った山頂の要害地区にある。
北条氏照:戦国時代の武将(1540年ー1590年)。八王子城の城主。
天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原攻めの際に徹底抗戦を主張し、居城である八王子城には重臣を置いて守らせ、自身は小田原城に籠もっている。そのため小田原開城後、豊臣秀吉から主戦派と見なされ、7月11日に兄・氏政と共に切腹を命じられた。享年51才。

辞世の句は、「吹くと吹く 風な恨みそ 花の春 もみじの残る 秋あればこそ」

宗関寺:八王子市元八王子町 北条氏照及び家臣の墓