林田藩:林田陣屋
林田藩/林田陣屋: 播磨(兵庫)姫路市林田 建部家 外様 10千石【柳間】子爵 林田藩☆建部政長が1617年に林田藩に入封し10代250余年在封
林田藩の陣屋跡は梅林。林田藩は1万石の領内に1万石の大庄屋三木家がある。藩校敬業館。祝田神社。因幡街道に残る町並。林田藩建部家菩提寺&墓所は大徳寺芳春院(非公開)。東京染井霊園は林田藩の江戸屋敷跡   <平成8年11月探訪/姫路からバス30分、同20年11月再訪>
※一口メモ:@林田藩の成立:元和元年(1615)、700石の摂津国尼崎郡代の建部政長が大阪の陣の軍功により加増され一躍1万石の大名に列し林田藩が成立した。林田藩は外様大名ながら、譜代小大名以上に幕府の要職に就いた、寺社奉行と大番頭に三名。
A幕末維新時の林田藩:林田藩は鳥羽伏見の戦い以前に新政府軍に恭順の意を表し、降伏後の姫路城の城門などの警衛の任にあたった。   
塩阜神水は塩水が湧き往来の牛馬がよく飲んだという
林田藩宿老、永野家長屋門
↑林田藩陣屋跡
10千石の大名の下に10千石の大庄屋三木家/今回は改修中。
林田藩建部家菩提寺&墓所の大徳寺芳春院(姫路市教育
委員会さまご教示) H10.5  墓は非公開
林田藩領内を通る因幡街道に残る町並

林田藩の藩校敬業館