林城/小笠原氏居城 
林城(林大城):長野県松本市里山辺   林城探訪: 2016.06
 長野県県指定史跡。林城は戦国時代の信濃国守護の小笠原氏の居城。松本盆地を見下ろす標高846m、比高210mに位置している城郭である。2つの峰に大城と小城あり、林城はこれらの城郭群の総称である。小笠原氏は甲斐源氏の流れを汲む名流で、室町時代初期に幕府・北朝方に属して戦功をあげ、1334年(建武1)に松尾(現在の飯田市)から信濃国府中(現在の松本市)に本拠を移し、井川館(井川城、同市)を築いて居館とした。その後、守護の座は二転三転し、また、北信濃の村上氏をはじめ小笠原氏に服する国人勢力も少なく、小笠原家も府中小笠原氏、鈴岡小笠原氏、松尾小笠原氏に分かれて対立して、その地位はきわめて不安定だった。しかし、府中小笠原氏の当主で信濃守護の小笠原長棟は1534年(天文3)、統一し、さらに敵対していた諏訪氏と和睦して戦国大名としての小笠原氏の基礎をつくった。その長棟が築いた山城が林城である。建武年間(1334~38年)に小笠原貞宗が府中に井川館を居城としてから小笠原長時が武田晴信(武田信玄)に敗れて信濃を退去するまでの約200年間にわたり、小笠原氏の拠点となった。林城は1550年(天文19)、信玄に攻められ、落城し、林城は廃城となった。
 
 舗装道路・未舗装を通りココまで車可。数台のスペースある  
 
 空堀跡  わずかに残る石垣
 
林城本丸跡 
 
山辺小学校横の川沿いの道を500m東に行くと 「橋倉」の標識あり、そこを右折していくと「小笠原氏城跡」の説明板あり。   ↑ 林城(林大城)
 
 小笠原家菩提寺の広沢寺  小笠原秀政・忠脩父子の墓::小笠原氏末裔の秀政は1613年(慶弔18年)念願の父祖の地である信濃松本8万石に返り咲いた。しかし1615年(慶弔20年)大阪夏の陣で戦死。
Back