日出藩:日出城
慶長6年(1601年)木下延俊は、日出に入部の際、垣見氏の富来城での勇猛果敢な 活躍に心をうたれ、富来城の大手の扉を日出城の裏門に使用した。明治になり日出城裏門は⇒龍泉寺へ移築     
※一口メモ:@日出藩の成立:慶長6年(1601年)播磨国内で25千石を領有する木下延俊が5千石の加増を受け、豊後国に入封。日出城を築城し3万石を領有し、日出藩が成立した。2代藩主の時に弟、俊次に5千石分与した。
A幕末維新時の日出藩:日出藩は長州の清末藩主が木下家から養子にでていたことから、大政奉還後すぐに藩主が上京した。同族の足守藩と共同で豊臣秀吉を祭った豊国神社の再建を提案し許された(反徳川のシンボル豊臣秀吉を祭っている)。

B歌、荒城の月で有名な滝廉太郎の実家はこの日出藩の家老筋である。 
日出藩の江戸の木下家菩提寺、泉岳寺。14代藩主(右)15代藩主(左)のお墓。同寺は半数以上の藩主墓所でもある。 2006.09参詣        
日出藩、木下家菩提寺の松屋寺。全藩主の墓碑と日出城で死亡した藩主
のお墓がある。 本堂前庭の蘇鉄は日本一の大きな蘇鉄/樹齢7百年
切腹してお詫びした日出藩家老、長沢市之丞の墓
/ 平成21年4月参詣
満開の桜に彩られた日出城の石垣
日出藩、日出城の真下は別府湾、  <城下カレイ>を食べよう
日出藩の藩校、致道館                     日出藩、日出城下の武家屋敷町           

松屋寺住職様が案内説明してくれた。

右手で小刀を腹にあて、後ろに首をはねる大刀のあるお墓
 
立石5千石を旗本として分地する時に、病床の殿は1万石の分地を遺命したが
(日出の地は田畑が少なく、立石の地は田畑が多い)日出藩の台所事情は大変苦しくなる。
 そこで遺命に反して5千石を分地し、責めを負い切腹した
日出藩(ひじはん)/日出城: 豊後(大分)日出町 木下家 外様 25千石【柳間】子爵  日出城  日出城  秀吉の妻、北の政所の兄系統子孫
日出小が日出藩の日出城址 致道館 木下家菩提寺の松屋寺、江戸菩提寺は泉岳寺   ☆木下延俊が1601年に日出藩に入封し16代260余年在封
日出藩探訪:昭和48年9月/平成9年2月/同21年4月再訪B 日出藩分家:立石陣屋(旗本5千石木下家(杵築市) 木下家別家:備中足守藩25千石