彦根藩/彦根城
彦根藩/彦根城: 近江(滋賀)彦根市 伊井家 譜代 250千石(350千石の時代が長かった)【溜間】伯爵            徳川四天王
多門櫓・廊下橋と天秤櫓・馬屋長屋・西の丸三重櫓現存。 直弼の埋木舎。玄宮園。彦根藩井伊家菩提寺の龍譚寺&藩主墓所の清涼寺。江戸の彦根藩菩提寺の豪徳寺
     <彦根藩の支藩:越後与板藩20千石>
昭和53年2月探訪/平成19年9月C/同26年4月再訪D
西の丸三重櫓/元小谷城天守
井伊直弼は(1815-1860) 第十四男として生まれ、不遇の時期を過ごしましたが、兄たちの不幸により彦根藩第13代藩主となった。安政2年(1858年)大老職に就任し、勅許なく日米修好通商条約に調印し、慶福=家茂を将軍継嗣に決定した。その後、「安政の大獄」と言われる攘夷派の志士の弾圧を行う。安政7年(1860年)桃の節句の祝儀に江戸城に参上の途中、桜田門外において水戸・薩摩の浪士に襲われ命を落とた。彦根藩は通商条約を無断締結したり桜田門外の変での横死を隠していたこと不届きであるとして10万石の削減と京都守護職解任の処罰をうけた。
彦根藩井伊家の江戸菩提寺の豪徳寺(6人の藩主墓)/東京世田谷区 と桜田門外の変で倒れた井伊直弼の墓
彦根藩(彦根城2の丸)の厩長屋で全国唯一の遺構で、重要文化財。
埋木舎
彦根藩の楽々園
彦根藩、藩邸の玄宮園

※一口メモ:@彦根藩の成立:慶長5年(1600)関ヶ原の軍功により上野国高崎12万石から井伊直政が石田三成の所領佐和山に18万石で入封し彦根藩が成立した。直政の没が嫡男直勝が継いだが性格が温和過ぎて、譜代筆頭の井伊家の頭領としてはふさわしくなく、安中(→与板)へ移封され、弟の直孝が彦根藩を継いだ。
A幕末維新時の彦根藩:彦根藩は大政奉還後、いち早く上京し勤皇の立場を鮮明にした。徳川幕府の第一藩屏の彦根藩が新政府軍側に立ったことは全体の流れを作るうえで大きな功労となった。桑名藩の制圧・小山宇都宮の戦闘・会津戦へ出兵した。彦根藩は戦後、2万石の賞典録を賜った。
B下総流山近辺で新撰組隊長であった近藤勇を捕えたのも彦根藩の兵士。   

彦根城の江戸期現存天守閣(国宝)
 ☆井伊直政が1600年、彦根藩に入封し17代267年在封
彦根城佐和山口多聞櫓
<現存天守閣
<幕末275藩
彦根藩井伊家の菩提寺、清涼寺の藩主墓所
彦根城天秤櫓
彦根城本丸太鼓門