姫路藩/姫路城
姫路藩酒井家菩提寺の龍海院&歴代藩主墓所/前橋市/平成17年冬参詣
※一口メモ:@姫路藩の藩主家変遷   池田家⇒本多家⇒奥平家⇒越前松平家⇒榊原家⇒越前松平家⇒本多家⇒榊原家⇒越前松平家⇒寛延2年
(1749)前橋から酒井忠恭が姫路藩に入封し藩主家が定着

A幕末維新時の姫路藩: 姫路藩の藩主は、将軍が大阪城に逃避した時の老中首座であった。鳥羽伏見の戦いでは新政府軍の背後を突くべく姫路藩の部隊は滋賀大津に向かったが、敗戦の報を受け、藩主は将軍とともに軍艦で江戸に向かった。また姫路藩の兵士は姫路城へ急いで撤退した。新政府軍は岡山藩などに姫路藩の追討を命じたが、藩主不在のまま恭順を示し、降伏した。しかし姫路藩は15万両の献金でようやく許されれその代償は大きかった。  

全城紅葉の姫路城

姫路藩/姫路城:(播磨)兵庫県姫路市 酒井家 譜代 150千石【溜間】伯爵     ☆酒井忠恭が1749年姫路藩に入封し10代120年在封
 世界遺産の城(国宝) 書写山円教寺 好古園  姫路藩酒井家菩提寺は初期の封地、前橋の龍海院姫路藩の支藩:上野伊勢崎藩20千石
姫路藩探訪歴:昭和47年7月探訪/平成8年秋 ・平成20年11月再訪  別家は 若狭小浜藩103千石ー安房勝山藩12千石ー越前敦賀藩10千石
     出羽鶴岡藩170千石ー出羽松山藩25千石  姫路藩

<現存天守閣12城

<幕末275藩

姫路藩御屋敷庭園の好古園
姫路藩、姫路城の大手門遠望
姫路城の千姫の化粧櫓とお部屋
書写山円教寺:前姫路藩主、本多家・榊原家の菩提寺