日野江城 
日野江城:長崎県南島原市北有馬    日野江城探訪:2014.11
日野江城は標高60mにあり、建保年間(1213年頃)に有馬経澄が築く。以後、島原半島から肥前国の東部を治める最大の勢力となった。永禄6年(1563)、百合野の戦いで竜造寺氏に大敗して、以後は衰退していった。天正10年(1582)、有馬晴信は竜造寺氏から離反、天正12年(1584)、島津氏の支援を受けて竜造寺軍を破り、竜造寺隆信は討死した。天正15年(1587)豊臣秀吉の九州征伐に従い所領を安堵された。     
有馬氏は、江戸時代には日野江4万石の大名となる。慶長19年(1614)、日向へ5万3千石で転封した。元和3年(1617)、松倉重政が4万石で入封したが、島原城を新たに築いて日野江城を廃城した。 国指定史跡。   
日野江城本丸跡
なだらかな丘状にある日野江城
Back