平戸藩、松浦館       平戸藩、オランダ埠頭       平戸藩、オランダ井戸
   
      平戸藩、オランダ塀        平戸藩、オランダ橋         寺院と教会が見える坂
     
   平戸藩松浦家菩提寺の雄香寺と歴代藩主墓所  
 平戸藩/平戸城
平戸藩/平戸城  肥前(長崎)平戸市 松浦家 外様 61千石【柳間】伯爵  ☆松浦鎮信が1600年平戸藩を安堵され、12代270余年在封
松浦家26代鎮信は、1599年(慶長4年)、現在の城地に「日の岳城」を築いた。 しかし徳川家康は、豊臣秀吉と親交が深かった松浦家に疑いのまなざしを向けたので鎮信は、その疑いを払うため「日の岳城」を焼却した。以来約90年間を「御館」で過ごしたが、1704年(宝永元年)平戸城の再築を開始、1718年に完成した。 
平戸城北虎口門  松浦館  平戸藩松浦家の菩提寺雄香寺  寺町とザビエル聖堂の風景  オランダ塀・オランダ埠頭・6角井戸・オランダ橋 
 平戸藩探訪歴:昭和48年7月探訪/平成10年冬3回目再訪/同26年11月C再訪  平戸藩支藩:平戸新田藩1万石

<小さな城下町

※一口メモ
@幕末維新時の平戸藩: 平戸藩は討幕の意志を表し(明治天皇の祖母は松浦氏の出)、京都市内の警備に就いた。その後、平戸藩の部隊は秋田方面にも進出した。平戸藩から407名出兵し、16名が戦死した、その後の論功行賞で平戸藩は賞典録3千石を得た。

A「
甲子夜話」: 平戸藩の藩主、松浦清(静山と称す)が書いたもので、江戸文学史上貴重なものとされている。これは文政4年から書き出し280巻の大著であり、江戸のあらゆる階層の伝聞を書いたもので、江戸の世相を知る上で貴重な資料となっている。

平戸藩の平戸城、 見奏櫓                                           懐柔櫓
平戸藩、平戸城天守閣
Back
 平戸オランダ商館
1609年(慶長14年)、2隻のオランダ船が平戸に来航した。平戸藩の藩主、松浦鎮信の斡旋によって、家康・秀忠に謁見したオランダの使節は、商館の設置と貿易の許可を得、平戸藩にオランダ商館が設置された。当初、オランダ商館はオランダ勢力の『東インド』における活動を支える拠点としての機能を期待され、食料や武器などを調達する機能が優先されていた。1610年代には、大砲の修理などが平戸でおこなわれ、武器や食糧、また傭兵としての日本人がオランダ船に乗って東南アジアへ渡った。
 その後、平戸オランダ商館は日本との貿易に重きをおくようになり、1630年代後半から貿易額は飛躍的に増大する。後の出島時代を含めても、貿易額が最高潮に達するのは平戸時代の後期である。平戸オランダ商館は施設のさらなる拡張を図り、1637年、そして1939年に巨大な石造倉庫を建築する。しかし、鎖国政策の波には抗し得ず、1639年築造倉庫は、屋根の切妻にある合掌形の装飾板にキリスト誕生を紀元とする西暦年号が記されていることを理由に破壊が命ぜら、平戸オランダ商館も1641年(寛永18年)、長崎出島への移転を命じられた。
平戸藩、平戸城を望む/オランダ坂から
平戸藩、平戸城北虎口門