平戸新田藩

※一口メモ:幕末維新時の平戸新田藩: 平戸新田藩には独自の兵力はなく、宗家の平戸藩がその旨を新政府に上申し、最後の藩主は病気を理由に上洛しなかった。宗家に従って行動した。 

宗藩の平戸城 
オランダ眼鏡橋
     平戸新田藩 肥前(長崎県)平戸市 松浦家 平戸藩分家 外様 1万石【柳間】子爵 平戸新田藩
元禄2年(1689年)、藩祖の昌が、父の平戸藩四代藩主鎮信から平戸領内に1万石分与され、立藩した。藩庁は平戸城内
平戸新田藩の松浦家菩提寺、光林寺/港区南麻布  (宗藩平戸藩松浦家の菩提寺、墓所は領地の雄香寺)
平戸新田藩探訪歴:平成10年2月探訪/同26年11月再訪  9代180年在封
 藩祖昌公、2代邑公以降の累代墓は改葬、右側の江戸時代の墓石は宗藩平戸藩の側室墓
平戸新田藩
  松浦家菩提寺、墓所の光林寺/港区
                     2006.12参詣