平井城
平井城:群馬県藤岡市西平井239    平井城探訪歴:2013.04
平井城は永享10年(1438年)関東管領山内上杉氏五代当主の上杉憲実によって築かれた鮎川の川岸に築かれた平山城:。1438年、鎌倉公方の足利持氏は上杉憲実を討つ為、一色直兼に3千騎、自身も5千騎を率いて武蔵国高安寺に馬を進めた。 憲実は密かに鎌倉を脱し平井城へ逃がれ、室町幕府に援軍を要請した。 急使を受けた将軍足利義教は上杉持房に救援に命じ、越後からは上杉教朝の35百騎の援軍が到着した。 幕府軍は早川尻で鎌倉公方の足利持氏方を敗った。享徳3年(1454年)鎌倉公方足利成氏が関東管領上杉憲忠を暗殺すると、上杉房顕は平井城へ移り、以後関東管領山内上杉氏の本城となった。その後、山内上杉氏は小田原北条氏と度々戦ったが、天文20年(1551年)上杉憲政は平井城を捨てて越後の長尾景虎(後の上杉謙信)を頼って落ち延びた。その後、北条幻庵が平井城主となったが天文21年(1552年)上杉謙信の軍勢により落城し、平井城は破却された。

平井城配置図

鮎川に面して築城された平井城
Back