平沢要害:勝岡城
平沢要害に建つ石柱/戊辰戦争に高野家の家臣42名が出陣とある。
平沢要害、高野家歴代領主の墓             平沢要害の領主、高野家菩提寺の保昌寺          高野家の現在のお墓
Back
平沢要害/勝岡城:宮城県刈田郡蔵王町平沢字内屋敷14-1(現、平沢地区公民館)  着座、高野家1650石 平沢要害探訪歴: 2011.07/2014.1更新
戦国時代の勝岡城の跡(平沢要害)に、慶長7年(1602)高野光兼が70余名の家臣とともに、入封した。幕末は家臣49名、足軽27名。戊辰戦争に42名が出陣したという石柱が建っていた。 平沢要害、領主の高野家菩提寺の保昌寺。