弘前藩/弘前城
弘前藩/弘前城: 陸奥(青森)弘前市 津軽家 外様 100千石【大広間】伯爵   ☆大浦為信(津軽姓に改名)が天正18年(1590年)秀吉に本領安堵
弘前城の現存城門/大手門・東門・北門  武家屋敷町 弘前藩津軽家菩提寺の長勝寺&革秀寺(藩祖) 商家の石場家   弘前藩
弘前藩の支藩:黒石藩10千石       弘前藩探訪歴:平成4年5月探訪/平成9年秋再訪/同27年5月再訪B
弘前藩、藩祖の菩提寺、革秀寺と廟所
大手門/弘前藩
北門/弘前藩

<江戸期現存天守閣

<幕末275藩

※一口メモ
@弘前藩津軽家: 近世初頭の津軽地方は南部家の津軽郡代が治めていた。弘前藩の起こりは、南部家の内紛に乗じて、郡代の大浦為信が津軽一円を手中に収め、天正18年豊臣秀吉から津軽を安堵された時と言える(大浦氏から津軽氏に改姓)。
A弘前藩は47千石の大名であったが、文化5年(1808)蝦夷地警備の功により10万石に高直(弘前藩10万石)しされた。
B幕末維新時の弘前藩:弘前藩はいったんは奥羽越列藩同盟に加盟したが、藩論はゆれていた。しかし、藩主の決断により一転列藩同盟を脱退し勤皇を鮮明にし出兵した。函館戦では青森が補給基地となったため、弘前藩は奥州触頭として働き賞典録2万石をえた。  

商家の石場家/北門側/弘前藩
弘前藩津軽家菩提寺、長勝寺&藩主廟所
弘前城東門/弘前藩
江戸時代現存の弘前城天守閣 、弘前藩
弘前藩の武家屋敷街