広瀬藩:広瀬陣屋 
 広瀬藩/広瀬陣屋出雲(島根)安来市広瀬 松平家・松江藩分家 家門 30千石【帝鑑間】子爵
広瀬藩の陣屋跡は役場横の社会福祉センター  広瀬小に家老庭園  広瀬藩松平家菩提寺の城安寺(藩主1名):他の藩主は渋谷広尾の祥雲寺
  広瀬は戦国大名尼子氏の月山富田城下でもある             
足立美術館(庭園美術館で超有名)に寄る/平成25年 
 広瀬藩探訪:昭和54年7月/平成19年7月大雨/同25年11月再訪  松平近栄が1666年、広瀬藩に入封し10代200余年在封
 広瀬藩の陣屋跡石碑 広瀬藩の広瀬陣屋石垣
 広瀬藩、家老庭園跡/広瀬小  広瀬藩、武家屋敷
 
 広瀬藩、松平家菩提寺の城安寺  広瀬藩、領地で死亡した直諒公の墓
 
祥雲寺/渋谷広尾 :広瀬藩の初代藩主と歴代改葬墓がある H18.02参詣 

※一口メモ:@幕末維新時の広瀬藩:広瀬藩の江戸屋敷はどちらかといえば佐幕派的であったが、宗藩の松江藩から、使者を立て藩主に帰国を促した。広瀬藩最後の藩主、直哉公は帰国の途中、四日市で新政府東征軍に挨拶し、上京して官軍に参加した。又広瀬藩の国許では陣屋の桜木100本を切って謹慎の意を示した。