久居藩/久居陣屋
久居藩/久居陣屋: 伊勢(三重)津市久居(現、高通児童公園)  藤堂家・津藩分家    外様 53千石【柳間】子爵  
☆藤堂高通(藤堂高虎の子高次ぐの二男)が寛文9年(1669)分地を受け久居藩を立藩し16代200年在封。 久居藩の藩主墓は宗藩と同じ寒松院(平成16年.12月参詣)&玉淀寺には2代と3代藩主の墓(平成25年5月参拝)。  久居藩藤堂家からは宗藩の津藩主に3人なっている。
                   久居藩探訪歴:平成8年4月探訪//平成25年5月再訪:田丸城探訪途次
津藩城下にある久居藩藤堂家菩提寺の寒松院と藩主墓所/津市  H16.12参詣
久居藩の城下にある久居藤堂家菩提寺の玉淀寺と2代・3代藩主の墓
久居藩の陣屋跡は高通児童公園や中学校になっており遺構は殆ど無い。

※一口メモ:幕末維新時の久居藩:久居藩は宗藩の津藩と行動をともにしたが、鳥羽伏見の戦い(慶応4年1月3〜6日)では京都の警備にあたった。
久居藩からは100名が出兵した。  

 幻の久居城(久居陣屋)


久居藩の初代藩主・藤堂高通は、久居城の築城のために植木升安を迎えた。
 植木升安は、当時、兵学にも精通した都市計画の専門家であった。
 升安が最初に設計した久居城は、敵の侵入に対する防衛機能を備え、土塁や塀をめぐらせた堅固な要塞となっていた。
 しかし、築城には江戸幕府の許可が必要で、幕府は久居城の設計についても城のまわりに塀をめぐらせてはならないことなどの命令を下した。そのため、升安は設計を変更し、絵図のような城や城下町になったと考えられる。
 武士の住む城内と町人の住む町家とが完全に分離した設計になっていた。