人首要害:人首城
人首要害(ひとかべようがい)/人首城跡:岩手県奥州市江刺区米里   一族沼辺家1000石 人首城  2010.05
1590年の豊臣秀吉の「奥州仕置」で葛西氏が領地を没収されるまでの城跡。慶長11年(1606年)、伊達藩の一族、沼辺重仲が人首城(人首要害)に入城した。以後10代で明治維新を迎えた。旧本丸に居館、本小路は城内といい、ここに家臣団が居住した。  人首要害
人首城(人首要害)本丸跡(江戸期の居館跡)は神社になっている
人首城(人首要害)への登城口に立つ木製標識
人首城(人首要害)大手門跡

御番所跡
    城跡(館跡)の
         木造標識