本荘藩/本荘城
本荘藩/本荘城: 出羽(秋田)由利本荘市 六郷家 外様 20千石【柳間】子爵  ☆六郷政乗が1623年、常陸府中から本荘藩に入封し11代在封
本荘城3の丸蓬莱橋・復興城門 八幡神社 本荘藩六郷家菩提寺の永泉寺   江戸の本荘藩菩提寺の万隆寺に藩主8人/東京台東区
本荘藩探訪:平成10年春:雨の城下町、城址に散る椿花が印象的/平成20年8月再訪  本荘藩
本荘藩、本荘城3の丸蓬莱橋・復興城門

※一口メモ
@本荘藩の本荘城は、慶長15年(1610)に最上義光の重臣楯岡満茂によって築かれた。重臣楯岡満茂に4万石を与え、由利郡の統治を命じた。 元和8年(1622)、最上義俊が改易されると、本多正純が下野宇都宮藩から移されたが、正純も元和10年に改易となった。 替わって常陸府中より六郷正乗が大坂冬・夏の陣の功労により、加増され22千石を領して本荘藩に入封、以後六郷氏が11代続いて明治に至った。 
A幕末維新時の本荘藩:久保田藩が奥羽越列藩同盟を離脱し新政府軍になったので、本荘藩も帰順し新政府軍として戦った。この戦いで本荘藩の城下町は庄内藩のために焼失した。本荘藩からは477名出兵し13名戦死した、戦後にこの軍功により本荘藩は賞典録1万石を受けた。

本荘藩六郷家の菩提寺、永泉寺の歴代藩主墓所//藩主3名
八幡神社/本荘藩
城下町の面影は無い
             本荘藩六郷家の江戸菩提寺、万隆寺(東京都西浅草)には8名の藩主が眠る(累代墓に改葬)         2008.08参詣

本荘藩