堀越御所
堀越御所:静岡県いずの国市韮山  堀越御所掲載:平成24年8月
堀越御所跡は「堀越公方」と呼ばれた足利政知の御所があったと伝えられる場所。
  室町時代の後半、大名の勢力争いが激化し、日本の各地で戦いが起こっていた。特に関東地方は、京都にある室町幕府に従う勢力と対抗する勢力とが激しく争っていた。そこで、8将軍の足利義政が、直接関東地方を支配するため、永禄2年(1457)、兄の足利政知を鎌倉公方として派遣した。しかし、政知は戦乱のため関東(鎌倉)まで行くことができず、韮山の堀越(四日町の一部)の地に居館を作って身を落ちつけた。これにより政知は「堀越公方」と呼ばれた。しかしこの堀越御所も、政知の死後、北条早雲が延徳3年(1491)年に後継の茶々丸を滅ぼし、堀越御所も消滅した。 
この地は鎌倉幕府の執権、北条氏の本拠地であり、北条時政の菩提寺とお墓、源頼朝の妻、政子の産湯の井戸がある。
堀越御所跡と説明板
Back
        鎌倉幕府初代執権、北条時政の墓(願成就院)                    北条政子(源頼朝の妻)の産湯井戸