飯野藩/飯野陣屋
飯野藩保科家菩提寺の大円寺と歴代藩主墓所。 2005.03参詣   薩摩藩の江戸菩提寺でもある。
飯野藩/飯野陣屋: 上総(千葉)富津 保科家・会津藩分家 譜代 20千石【帝鑑間】子爵  飯野藩 飯野陣屋 
想像を越す飯野藩の陣屋跡 大坂に大きな飛地  飯野藩保科家菩提寺の大円寺&墓所2005.03参詣  歴代の藩主は大坂城番や若年寄を歴任 
飯野藩探訪歴:平成7年11月探訪/同17年6月再訪B/同26年8月更新 保科正貞が旗本7千石から加増立藩し(飯野藩)1648年から10代220年余在封

※一口メモ:幕末維新時の飯野藩:飯野藩の最後の藩主、保科正益は若年寄にあり、第二次長州戦争で石州口総督として戦ったが敗れた。そののち、飯野藩は藩論を勤王に統一できず、藩主は鳥羽伏見の戦い後に上京したが、近江草津宿で留め置かれ、のちに謹慎させられた。国許では請西藩に加担した者が出たが、家老樋口氏が切腹し、一応の決着を見た。

飯野藩陣屋の見取り図
飯野藩の陣屋跡