飯山藩/飯山城
飯山藩/飯山城:濃(長野)飯山市 本多家 譜代 20千石【帝鑑間】子爵    ☆本多助芳が1717年、飯山藩に入封し10代150余年在封 
 飯山藩の藩庁、飯山城概要:東部は千曲川、西部は山地に囲まれた地にあり、城郭は丘陵をならし平山城である。飯山城の築城年は不明である。14世紀初頭は泉氏の居城であったが、後に高梨氏館を本拠とする高梨氏の支城となった。戦国時代に上杉氏が甲斐の武田氏に対する前線基地として改修した。江戸時代に至り飯山城は飯山藩の藩庁が置かれた。
        飯山藩飯山城門。 寺町遊歩道。 雁木通り。銀杏をどっさり収穫し、道の駅での林檎は初めての「信濃スイート」/平成16年。 飯山藩
                    飯山藩探訪歴:平成9年7月探訪/同16年10月再訪/同28年10月再訪B

             飯山藩、                    飯山藩飯山城飯山藩                              飯山藩

 
 飯山城の城門/2016.10  飯山城(址)で銀杏の実収穫
                                    飯山藩の寺町遊歩道
飯山藩本多家菩提寺の忠恩寺とお墓
※一口メモ:@飯山藩の藩主変遷  皆川家(除封)→堀家→佐久間家(無嗣除封)→松平家(松井)→永井家→青山家→1717年、本多家が糸魚川から飯山藩に入封し藩主家が定着  A幕末維新時の飯山藩:飯山藩は旧幕古屋隊を松代藩などの応援をえて飯山戦争で破り、後に会津へ転戦した。飯山藩からは98名出兵し、4名が戦死した。戦後において、軍功に対して飯山藩は賞典金5千両を賜った。