生坂藩/岡山新田藩
生坂藩:備中(岡山)倉敷市生坂 池田家・岡山藩分家 外様15千石【柳間】子爵     ☆池田輝録が1672年に分地立藩し(生坂藩)8代190余年在封
江戸期は宗藩の岡山城下住まい 生坂藩岡山屋敷の移築門は林原美術館、 慶応4年陣屋構築(陣屋は東雲院を仮藩庁とした)              生坂藩池田家菩提寺の国清寺/岡山市小橋町:H20.02参詣  生坂藩                    
 生坂藩探訪歴:平成13年3月探訪/同20年2月再訪 
生坂藩仮藩庁の東雲院/生坂 生坂藩岡山屋敷の移築門/丸の内2丁目
                            生坂藩の城下、江戸の面影をうかがえさせる細い道筋(生坂藩陣屋そば)
                         生坂藩池田家の菩提寺、墓所の国清寺/岡山市小橋町:岡山観光協会教示
※一口メモ:@生坂藩(岡山新田藩)の藩祖、輝録は池田光政の三男で、長男綱政治が岡山藩、二男政言が鴨方藩を領した。
A幕末維新時の生坂藩:生坂藩は江戸時代を通して岡山藩の城下に居住していた藩のため、独立藩の態をなしていなかった。従って、生坂藩は宗藩にならい新政府軍として会津などへ従軍して行った。