今尾藩/今尾城
今尾藩:美濃(岐阜)海津市 竹腰家 譜代 30千石【無席】男爵   ☆尾張藩付家老で慶応4年(明治元年)尾張藩から今尾藩として立藩 
  今尾小学校が今尾城(址)  西願寺に今尾藩移築門  常栄寺の薩摩藩義士墓/今尾藩竹腰家累代墓   竹腰家墓所の相応寺/名古屋市千種区
今尾藩探訪歴:平成9年3月探訪 /同19年3月再訪/同24年8月更新   今尾藩
相応寺/名古屋市千種区の今尾藩竹腰家藩主(4人)の墓    
(名護屋の友N君撮影
 1753年、幕府は薩摩藩に、濃美3川の治水工事を命じた。治水工事は難航し夥しい工事費を出費。責任を取り割腹した薩摩藩士6名の常栄寺の墓所。工事全体での薩摩藩士の割腹は60数名に及んだ。
【異郷の地で割腹した同郷の先人の墓前に頭を垂れる。H19.03参詣】
常栄寺の朱塗りの山門と今尾藩竹腰家累代墓(改葬)
今尾藩移築門/西願寺
今尾藩の城址碑がある今尾小学校  

※一口メモ:今尾藩の藩主変遷:天正15年(1587)市橋家⇒廃藩⇒元和元年(1615)尾張藩付家老竹腰家、以後10代で明治。江戸時代を通して、御三家付家老の尾張の竹腰家・成瀬家、紀伊の安藤家・水野家、水戸の中山家の5家は立藩の運動をしてきたが認められなかった。ようやく慶応4年に朝廷から諸侯に列せられ今尾藩が成立した。