院内銀山御番所(十分一御番所)
御幸抗(5番抗)入口跡

院内銀山御番所跡は秋田杉の林 :院内銀山に納入する諸物資に十分一(1割)の税を徴収した関所でもあった。

院内銀山    院内銀山御番所(十分一御番所) :秋田県湯沢市院内銀山町
院内銀山は慶長12年(1607年)から操業の我が国有数の銀山であった。
最盛期には人口が1万人を超えたという。大量の産出銀により、久保田藩の重要な財源でもあった。 慶長期は20トン/年、幕末の天保期は4.5トン/年産出したという。 明治18年に古河市兵衛に払い下げとなり、特に明治28年には15トン/年を記録した。
 その後、採掘の停止や再開を繰り返したが、昭和29年に全山休山となり、350年の歴史に幕を下ろした。

11ケ寺の寺跡と夥しい墓石群。
院内銀山跡は恐いぐらい、誰も訪れる人無し