犬山城/犬山藩
犬山城/犬山藩:愛知県犬山市 成瀬家35千石【無席】 明治には子爵 犬山藩 元和3年(1617年)成瀬正成が尾張藩家老で入封
犬山城移設城門/常満寺の松の丸裏門、瑞泉寺の内田門 如庵 犬山藩成瀬家菩提寺の臨渓院 昭和48年10月探訪/平成19年3月再訪C/同24年
犬山藩成瀬家菩提寺、墓所の臨渓院/犬山城
如庵/犬山藩
犬山藩の城下町の商家の佇まい
犬山藩、犬山城の江戸時代現存天守閣

現存天守閣12城>

※一口メモ:@犬山城の城主変遷:石川家除封⇒尾張藩松平忠吉の付家老小笠原家⇒徳川義直の附家老平岩家(無嗣絶家)⇒元和3年(1617)同じく付家老の成瀬正成が犬山城をあたえられた。万石以上ながら犬山藩という独立の藩では認められなかった。そのため、江戸時代を通して、御三家付家老の尾張の成瀬家・武腰家、紀伊の安藤家・水野家、水戸の中山家の5家は立藩の運動をしてきたが認められなかった。ようやく慶応4年に朝廷から諸侯に列せられ犬山藩が成立した。
A幕末維新時の犬山藩:犬山藩は佐幕派と勤王派に分かれて対立したが、鳥羽伏見の戦いで討幕の大号令が発せられると勤王と決定した。
瑞泉寺の犬山城内田門/犬山藩
常満寺の犬山城松の丸裏門/犬山藩