諫早陣屋/佐賀藩家老諫早氏 
諫早陣屋:長崎県諫早市東小路町(現、諫早高校)   諫早陣屋探訪:2014.11
諫早陣屋は佐賀藩家老、諫早氏26千石の陣屋。 高城(諫早城)の麓にある。
戦国時代に西郷尚善が高城(諫早城)を築いた。天正15(1587)年、秀吉の九州征伐に参陣しなかったため、西郷氏は所領没収となり、柳川城から龍造寺家晴が10000石で、高城に入城。慶長12(1607)年、竜造寺直孝は本家が断絶したため諫早氏に改姓し、佐賀藩鍋島家に随身し家老となった。一国一城令の後も高城を居城としていたが、五代茂門の頃になると城も老朽化してきていたので廃城として東麓の諫早陣屋を政庁とした。 
高城/諫早城 
 高城(諫早城)は戦国時代に西郷尚善が築いた城で江戸時代の諫早陣屋の西側の小山で現、諫早公園となっている。
諫早陣屋御書院
石垣陣屋周りの用水                               天保年間に作られた石橋
Back
本丸跡の楠
諫早陣屋庭園                                         石垣と土塀