一宮藩/一宮陣屋
一宮藩の陣屋大手門
城山にある最後の一宮藩の藩主、久宜墓
一宮藩/一宮陣屋:上総(千葉)長生群一宮町 加納家 譜代 
             13千石【菊間】子爵
 一宮藩
※加納久壽が文政9年(1826年)伊勢八田から一宮藩に移封し4代42年
在封。 城山と小学校が一宮藩陣屋跡 
※最後の藩主、久宜の墓は城山にある。しかし、一宮藩の加納家累代墓は染井霊園(乙-1)にある。 
一宮藩 
一宮藩探訪歴:(平成8年7月探訪:忠犬大ちゃんと/同24年8月更新)
 加納家は吉宗が紀州藩主から八代将軍になった時に久通が江戸に召された。1726年に諸侯に列せられ、伊勢八田に立藩。久通(若年寄)-久樫(若年寄)-久周(若年寄)-久慎(大番頭)-久壽と継ぎ陣屋を一宮に移した。 久壽-久徴(若年寄)-久恒-久宜で明治維新を迎えた。

※一口メモ:幕末維新時の一宮藩:一宮藩は大政奉還には藩主自ら上京したが、直ぐには動かなかった。しかし新政府軍が江戸城に兵を進めると新政府軍への恭順に転じたが、国許に逃れてきた江戸開城を不服とした幕府撤兵隊(フランス式歩兵)に強いられ援助もしている。一宮藩からの出兵は123名。  

染井霊園に有る一宮藩加納家累代の墓(改葬) 乙-1 2007.04参詣