一関藩:一関陣屋
一関藩/一関陣屋: 陸奥(岩手)一関市 田村家・仙台藩分家 30千石【柳間】子爵  一関藩  ☆田村建顕が1682年、一関藩に入封し11代在封
一関藩の陣屋跡は裁判所一帯。 陣屋門は毛越寺表門。  一関藩田村家菩提寺の祥雲寺。  一関藩  
忠臣蔵の浅野内匠頭は一関藩江戸中屋敷にて元禄15年に切腹 一関藩探訪歴:昭和59年5月探訪/平成15年5月再訪/同26年1月更新
一関藩、一関藩田村家菩提寺の祥雲寺と藩主墓所(土盛りのところがお墓)

※一口メモ@天和2年(1682)陸奥岩沼から田村建顕が一関藩に入封した。(伊達政宗の正室が戦国時代の三春城主田村家の姫君だったので政宗の子の一人が田村家を継ぎ家祖となった)。 
A幕末維新時の一関藩::一関藩は奥羽列藩同盟に加わり、同盟に背いた新政府軍の久保田藩へ進撃した。一関藩はそののち同盟に加盟した罰として新政府から
3千石を減封された。

一関藩の陣屋絵図
一関藩の陣屋跡
一関藩の陣屋門(毛越寺)