一夜城址
一 夜城址:神奈川県小田原市                               一夜城址探訪歴:昭和59年探訪/平成7年7月再訪/同24年8月更新
豊臣秀吉が15万の大軍で、北条家の小田原城を包囲した時に、一夜で築城したという伝承から、一夜城址という。
 100日間の包囲で、北条家の小田原城内では、「打って出る」「降伏」「守る」の議論続出で結論でず。 「
小田原評定の故事」が生まれたところ。  
小田原北条家の子孫は10千石の小大名で明治を迎えた。(大阪 狭山藩 参照)
  
箱根湯元の早雲寺山内の北条早雲以下のお墓
一夜城址から遠望の江戸期の小田原城
一夜城址本丸
一夜城址へ