糸魚川藩:糸魚川陣屋

※一口メモ:@糸魚川藩の藩主家変遷:有馬家⇒本多家⇒享保2年(1717)、家禄1万俵の松平直之が糸魚川藩に1万石で入封。
A糸魚川藩は定府大名のため、藩主は幕末まで帰国せず、陣屋には郡代以下30余名がいた。
B幕末維新時の糸魚川藩:糸魚川藩は小藩故にあまり問題視されず大藩の動きを見て、新政府軍に帰順を表明した。出兵をせず、軍需品を供出した。

糸魚川城は市民会館・市役所・糸魚川白嶺高を城域としていたので、糸魚川女子高等学校跡の白嶺高校も陣屋址かもしれない。いずれにしても定かでない。
糸魚川藩の陣屋跡横にある天津神社                   早稲田大学の校歌「都の西北・・」作詞者 相馬御風の生家
糸魚川藩松平家菩提寺の天徳寺は津山藩&広瀬藩&西尾藩&川越藩など家門・譜代名門の菩提寺、2005.01参詣
糸魚川藩の陣屋跡は市民会館周辺:市民会館横の顕彰碑に、糸魚川城跡に学校を創設、学校はその後移転し、市民会館等を建設と記載
市民会館広場の糸魚川高校跡の碑文
糸魚川藩/糸魚川陣屋: 越後(新潟)糸魚川市清崎  松平家・福井藩分家 家門 10千石【帝鑑間】子爵   糸魚川藩
 定府大名  糸魚川藩の陣屋跡は市民会館周辺  糸魚川陣屋横の天津神社  郡代以下30人常駐  
糸魚川藩松平家菩提寺の天徳寺/港区 ☆松平直之が1717年に糸魚川藩に入封し8代150余年在封
平成9年4月探訪、同22年8月再訪