岩出山要害/岩出山城
有備館:二代宗敏の時、寛文3年(1663)に二の丸が火災により焼失し、仮居館として建てられた。その後三代宗敏の時代になり、元禄4年(1691)に仮居館は春学館と称し学問所として開設した。元禄5年(1692)に現在地に移し有備館と改称し、木造平屋建て、寄棟、萱葺の建物が整備された。庭園は四代泰治の時、正徳5年(1715)に仙台藩石州流茶道三代清水道竿によって作庭された回遊式池泉庭園で借景として岩出山城の岩肌を見せ、池の中には茶島を中心として鶴島、亀島、兜島などを配している。大名庭園として旧態を保っているのは、会津藩の「御薬園」しかないと言われている。昭和8年に国指定史跡に、庭園は国指定名勝となっている。
岩出山要害/岩出山城:宮城県大崎市岩出山(現、城山公園) 岩出山要害/岩出山城 岩出山要害探訪歴: 2012.04
岩出山伊達氏146百石(伊達氏一門)。 学問所の有備館。  岩出山要害の伊達氏霊廟。 岩出山要害の領主の菩提寺は実相寺。
岩出山城は、大崎氏の重臣、氏家直益が応永年間(1394〜1427)に築いた山城である。天正18年(1590)、豊臣秀吉の奥州仕置で大崎氏は改易、大崎旧領には木村吉清が入封。しかし、大崎氏・葛西氏の旧臣の一揆が勃発する。この一揆の責任により木村氏の所領は没収され、伊達政宗に与えられた。天正19年(1591)、政宗は米沢から入封し岩手沢城を居城とした。奥州仕置のために下向していた徳川家康が岩手沢城に入城、家臣の榊原康政によって縄張・改築された。慶長6年(1601)、政宗は関ヶ原合戦の恩賞として加増された。この加増により、城下も手狭であった為新たに仙台城を築いた。このように政宗が岩出山に居城を構えたのは10年余であった。その後、岩出山には四男・宗泰が封ぜられ、元和元年の一国一城令以後は岩出山要害と称した。
      岩出山要害領主、伊達氏菩提寺の実相寺                  岩出山要害領主、伊達氏霊廟(菩提寺と遠く離れた場所
平成23年3月11日の大震災後1年経過しても改修出来てない武家門
岩出山要害から城下を望む
岩出山要害/岩出山城と政宗像
Back